大垣日大高校、一回戦大逆転勝利

8月12日16時1分から行われた第96回全国高校野球選手権大会で岐阜県代表 大垣日大

高校は、茨城県立藤代高校に12-10で勝って二回戦進出を決めました。

一回表にいきなり8点を取られる苦しい展開の中、着実に追加点を重ねての見事な大逆転

勝利でした。8点差の逆転は、春夏通じ甲子園大会での最大得点差タイ記録でした。

今日の大垣日大高校の大逆転以前に8点差を逆転したのは、97年8月11日に行われた

市立船橋高校(千葉)―文徳高校(熊本)だけです。

今年の夏は都市対抗野球優勝の西濃運輸に続き、大垣日大高校の歴史的大逆転と、西濃

勢が全国に名を轟かせる稀有の夏になりそうです。

大垣日大高校の二回戦は8月18日(月)午前8時からの第一試合。対戦高校は追って行われ

る抽選で決まりますが、西濃関係の皆さまには暑い夏の中、引続き熱いご声援のほどよろしく

お願い致します。