西濃ゆかりの地散策(文京区編)のお誘い

東京岐阜県西濃会では、来る6月1日(土)に下記の通り「西濃ゆかりの地散策(文京区編)」を開催します。

本郷の東大赤門を出て本郷通りを渡り、左側に進み路地を4本ほど過ぎた先の右側に下るゆるやかな狭い坂道が菊坂。明治の初め樋口一葉が暮らし「にごりえ」や「たけくらべ」を世に送り出した、その地です。

樋口一葉が24歳で世を去って十数年後の大正3年、この地に大垣出身の羽根田幸之助が建てたのが「菊富士ホテル」。菊富士ホテルは谷崎潤一郎、竹久夢二、尾崎士郎、宇野千代、大杉栄、菊池寛、芥川龍之介、斎藤茂吉ら当代一流の芸術家が出入りする有名ホテルとなり、羽根田の成功を知った郷土の人々が続々上京し、本郷一帯に本郷旅館街を形成したことはよく知られています(トリップアドバイザーの関連記事)。明治30年代に建てられ、国の登録有形文化財に指定されている鳳明館(文京区本郷5-10-5)は、現在残っている数少ない岐阜県ゆかりの旅館です。菊富士ホテル跡や鳳明館以外にも周辺には西濃ゆかりの名所旧跡がいくつかあります。今回は、文京区本郷を中心にガイドさんの説明を聞きながら、東大構内の「椿山荘カメリア」での昼食をはさんで散策する予定です。

・日時:2019年6月1日(土)午前10時集合

・集合場所:丸の内線「本郷三丁目」駅改札出口(改札出口は1箇所です)
遅れる場合は080-4297-6481(杉野)までご連絡下さい。

・コース:本郷3丁目→麟祥院→東大龍岡門→ベルツ・スクリバ胸像→青山・佐藤胸像→ 三四郎池→安田講堂→東大総合図書館→カメリア(ランチ)→東大赤門→法真寺→菊富士ホテル跡→鳳明館→春廼家跡→一葉旧居跡→旧伊勢屋質店(見学)→ 一葉終焉の地→清和公園(右京山)→CIVIC25F・解散(午後2時頃)

・参加費:3,000円(椿山荘カメリアでの昼食代及びガイド代を含みます)

・申込方法(5月24日締切):Eメール:mori-takashi@refine-hd.jp                                                                   FAX:03-3708-7306

*午後2時解散を予定しています。
*歩きやすい服装でお越し下さい。                                                                                  *参加費は当日頂きます。                                                                                                *小雨決行、大雨その他の場合は、お申し込み頂いた方に会よりご連絡致します。

鳳明館

鳳明館