第一期定期総会を開催しました。

去る11月14日(金)、東京岐阜県西濃会第一期定期総会ならびに懇親会を、永田町・星陵会館にて開催しました。

総会には約50名の方にご参加頂き、先日ご報告した第二期役員選任、および第一期活動報告、収支報告をそれぞれご承認頂きました。

西濃会第一期定期総会

なお、第一期の収支は以下の通りでした。

【収入】 合計:462,600円

会費収入:       100,000円(2,000円×50名)

設立総会会費収入: 316,000円(6,000円×52名+2,000円×2名)

雑収入:          2,600円(バーバラ寺岡氏著作本売上)

【支出】  合計:415,096円

設立総会費用:   336,400円(会場費・245,950円+楽器レンタル/演者謝礼90,450円)

第一回講演会費用: 39,600円(会場費・10,800円+講演料20,000円、通信費・本購入8,800円)

ホームページ制作・保守費用 38,880円

振込手数料:       216円

【次年度繰越金】:   47,504円

お陰さまでなんとか欠損を出さずに第二期を迎えることができました。

総会の後はNTTドコモ会長・JAXA理事長を歴任され、当会の名誉会長もお願いしている立川敬二氏に『宇宙開発の魅力』と題して約一時間ご後援頂きました。

立川敬二氏1

当日の質疑応答の中から; 宇宙服(宇宙飛行士が船外活動の際に着用)のお値段は? →答えはこの記事の末尾にあります。

立川敬二氏2

佳境に差し掛かる頃にはワイシャツ姿…

日本の宇宙ロケットの嚆矢ともいえるペンシルロケットのお話に始まり、立川氏がJAXA時代に開花されたH-ⅡAロケッや”はやぶさ1”のお話にとどまらず、現在計画されている”はやぶ2”や将来構想である宇宙エレベーター計画まで、難解なお話を幅広く平易にご説明頂きました。

講演終了後の質疑応答も活発で、その雰囲気は続く懇親会場に引き継がれました。

立川様、ならびにご来場頂いた皆様、本当に有り難うございました。

 

 

【回答】

1着約10億円(機能的には一人用の宇宙船と同じなので、これくらいするそうです)