第30回岐阜県西濃関係者情報交換会が開催されました

平成30年8月28日(火)、今年で第30回目となる岐阜県西濃関係者情報交換会が例年通りルポール麹町で開催されました。岐阜県西濃関係者情報交換会は大垣市が、毎年一回在京の西濃出身者・関係者と懇親を図るものです。大垣市からは小川 敏大垣市長、石川 まさと大垣市議会議長、堤 俊彦 大垣商工会議所会頭をはじめとするご関係の方々のみならず、棚橋泰文 衆議院議員、古田 肇岐阜県知事代理の市川 篤丸 岐阜県西濃事務所長、大垣市のマスコットキャラ・おがっきい、おあむちゃん等、100名近いご出席の方々と西濃の味で盛り上がりました。

小川市長のご挨拶

小川敏市長 開会の辞。左からおあむちゃんとおがっきい。

今年は大垣市制100周年の記念すべき年でもあり、西濃出身のミュージシャンの皆さまによる大垣市制100周年記念おおがきの歌『これまでからこれからへ』も演奏され、例年以上に華やいだ会となりました。ちなみにこの曲の作詞は詩人の谷川俊太郎さん、そして作曲は息子さんの谷川賢作さんによるものです。

大垣市制100周年記念おおがきの歌「これまでからこれからへ」の生演奏

大垣市制100周年記念おおがきの歌「これまでからこれからへ」の生演奏

 

大垣市制100周年記念おおがきの歌「これまでからこれからへ」

会場に掲示された大垣市制100周年記念おおがきの歌「これまでからこれからへ」の歌詞と谷川俊太郎さん・賢作さん親子のメッセージ

 

小川敏市長以下のご挨拶に続き、大垣市出身の作家・中村 航さんが乾杯の御発声をされました。昨年公開された映画『トリガール』の原作者でもある中村さんからは、大垣を舞台にした小説の構想も語られました。

作家・中村航さんの音頭で乾杯

今年の乾杯の音頭は作家・中村航さん

当会から大垣市栄誉市民でもある立川名誉会長、杉野会長等が出席しました。   今年は会場に出展された大垣市のふるさと納税の返礼品の写真を中心にご紹介致します。(大垣市在住の方は大垣市の返礼品はもらえません。一応ご注意願います)  写真の説明文に返礼品を造られている会社やお店のHPへのリンクを貼ってありますので、ご興味を持って頂けたらリンク先をご覧頂ければと思います。PCでご覧頂いている方は、例によって写真を右クリックして「新しいタブで画像を開く」を選択、新たにできた写真のタブで高精細画像をご覧頂けます。

大垣市のふるさと納税サイト(市役所新庁舎建設のためにもぜひ!)

 

乾杯に使われた枡工房枡屋(大垣市西外側町)の枡。今年は100周年& COOL  OGAKIヴァージョンです。

枡屋さんの枡、市制100周年 Cool OGAKIヴァージョン

枡屋さんの枡、市制100周年 COOL OGAKIヴァージョン

大垣市東前の種田養蜂場の採れたまんまの国産蜂蜜。4~6月は西濃の田んぼに田植え前に植えられているレンゲや菜の花から採った蜂蜜です。もちろんレンゲ以外の花から取った蜂蜜もあります。

れんげ蜂蜜

種田養蜂場 れんげ蜂蜜

西濃の豊かな湧き水と日本有数の真夏の暑い日差は、みずみずしい梨も育みます。県内2位の梨の産地の大垣は、桜が散った後は白い梨の花が満開となります。

豊かな水で育った幸水梨

豊かな水で育った幸水梨

そして自噴井から採取した大垣の水と、ぞれを使ったお茶やラムネ。

大垣の水

大垣の水

 

大垣の水、大垣茶、大垣ラムネ

大垣の水、大垣茶、大垣ラムネ

豊富で清浄な湧き水は平地の大垣でもわさび栽培を可能にしました。大垣市曽根町の名水わさび、やさしい辛さで飛騨牛にピッタリでした。

大垣産 名水わさび

その飛騨牛は大垣市の(株)吉田ハムがブランド化したもの。大垣市のふるさと納税の返礼品でも目玉になっていますね。 →(株)吉田ハム ホームページの飛騨牛物語

飛騨牛ステーキ

飛騨牛ステーキ

大垣は清流の地でもありますので、天然の鮎にも恵まれています。こちらは大垣市十六町の鮎会席・十六兆さんの鮎のアヒージョです。

鮎アヒージョ

鮎のアヒージョ

ここからはお菓子編です。

夏の大垣の風物詩と言えば、和菓子店の店先の水槽に掛け流される湧き水に冷やされた水まんじゅう。今年は市制100周年にちなんで新顔もお目見えしています。まずは季節の果物を包んだフルーツ水まんじゅう(金蝶園総本家)

フルーツ水まんじゅう

フルーツ水まんじゅう

そしてありそうで無かった珈琲水まんじゅう(同じく金蝶園総本家)。コーヒーフレッシュをかけて頂くと一層美味しいそうです。

珈琲水まんじゅう

珈琲水まんじゅう

水の豊富な大垣でとれた白桃のお菓子、白桃菓(つちや)

白桃菓

白桃菓

水まんじゅう同様に夏季限定の水ようかん・竹懐石(金蝶園総本家)

竹懐石

東京銘菓・ナボナとほぼ同じ大きさだった大垣銘菓・おゝ垣も市制100周年を祝ってひとくちサイズの”ちっこいおゝ垣”(つちや)として登場しました。

ひと口サイズのおゝ垣

ひと口サイズのおゝ垣

大垣のお菓子の本命とも言われる田中屋さんの大垣せんべい もちろん登場していました。

みそ入り大垣せんべい

みそ入り大垣せんべい(とっても堅いのです)

会場には100周年を記念した大垣市のおもいで写真が数多く掲示されていました。この地で生まれ育った人間にとっては、思いで深い風景の数々です。大垣市では市制100周年を記念して、市保有の写真に市民の皆さんが投稿された写真を加えて『大垣市 思い出のアルバム』を公開しています。懐かしい風景や、もしかすると在りし日の皆さん自身が写っているかも知れませんね。

思い出アルバム・大垣市

思い出アルバム・大垣市

 

大垣市100年のあゆみ

今年もお忙しい中、会を催して頂いた市役所・ご関係の皆様、本当にご苦労様でした。

 

 

第四期定期総会で大垣市からこんな記念品を出席者全員に頂きました

第四期定期総会の報告記事で触れました、大垣市から出席者全員に頂戴した記念品はエコバッグと本革製マウスパッドのセットでした(写真↓。色は各色ありました)。

大垣市から頂いたお土産。ご出席者全員にお配りしました。

大垣市立かわなみ作業所分場の皆さんが作られた作品です。エコバッグは綺麗にパイピングが施してあり、しっかりした作りになっています。

大垣市立かわなみ作業所 分場の皆さんに作って頂いたエコバッグと本革マウスパッドです

大垣市立かわなみ作業所 分場の皆さんに作って頂いたエコバッグと本革マウスパッドです

そして本革製のマウスパッドにはおがっきいとおあむちゃんが型押ししてありました。下の写真でもわかると思います。

本革のマウスパッドには、おがっきいとおあむちゃんがエンボス加工されています

大垣市立かわなみ作業所は昭和43年(1968年)の設立。現在は南頬(みなみのかわ)町の分場と併せて約100名の方が働いておられます。

今回頂戴したエコバッグやマウスパッド以外にも色々な商品も作っておられます。ネットでも注文できるようですので(→こちらです)ぜひ一度ご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第29回西濃関係者情報交換会が開催されました

平成29年8月30日(水)、ルポール麹町で第29回岐阜県西濃関係者情報交換会が開催されました。岐阜県西濃関係者情報交換会は大垣市が、毎年一回在京の西濃出身者・関係者と懇親を図るものです。今年も小川敏 大垣市長、岩井 哲二 市議会議長、堤 俊彦 商工会議所会頭をはじめとする大垣市ご関係の方々のみならず、棚橋泰文 衆議院議員、小林政人 岐阜県西濃事務所長、「奥の細道むすびの地 大垣」交流大使のマラソンランナー 千葉真子さん、大垣市のマスコットキャラ・おがっきい、おあむちゃん等、100名近いご出席の方々と西濃の味で盛り上がりました。

当会から大垣市栄誉市民でもある立川名誉会長、杉野会長等が参加しました。

(青いフォントはすべて関連サイトにリンクを張っていますのでご覧になって下さい)

おがっきい達と小川敏市長

おがっきい達と小川敏市長

棚橋泰文衆議院議員(岐阜県第2区=西濃地区選出)ごあいさつ

棚橋泰文衆議院議員(岐阜県第2区=西濃地区選出)ごあいさつ

 

奥の細道むすびの地 大垣交流大使の千葉真子さん。今年12月10日に開催されるおおがきマラソンに出場されます。→大垣市による案内

→千葉真子さんブログ

https://ameblo.jp/chiba-masako/ http://www.ogaki-marason.jp/

千葉真子さんも枡屋の枡でカンパイ!

 

おあむちゃん&おがっきい人形(着ぐるみとどちらが可愛いですか?)

おあむちゃん&おがっきい人形(着ぐるみとどちらが可愛いですか?)

今年の会では平成32年に現庁舎の隣接地(大垣税務署裏)に8階建てに建て替えられる市庁舎の紹介(→大垣市発表の基本設計書)と、建て替えのためのふるさと納税が紹介されました。

南東から見た新庁舎のイメージ

広報おおがき 2017年1月15日号に掲載された新市庁舎

会場にはふるさと納税の返礼品がずらりと並べられ、試食させて頂きました。写真だけですが当サイトでもご紹介させて頂きます。(今年9月1日から大垣市在住の方は大垣市の返礼品はもらえなくなりました。一応ご注意願います)

→大垣市のふるさと納税サイトへ

まずは枡工房枡屋(大垣市西外側町)の枡と大垣の地酒で乾杯!

http://www.masuza.co.jp/

乾杯の杯はますやの枡で!

大垣市東前の種田養蜂場の採れたまんまの国産蜂蜜。4~6月は西濃の田んぼに田植え前に植えられているレンゲや菜の花から採った蜂蜜です。

http://oida-honey.com/

採れたまんまの国産蜂蜜

西濃の特産、豊富な湧き水で育てた大垣市曽根町の名水わさびです。飛騨牛にピッタリでした。

http://meisuiwasabi57.com/

大垣の豊かな伏流水で育った名水わさび(大垣市曽根町)飛騨牛には欠かせません

大垣市北部の曽根町には伏流水による池が多く、そこには清浄な湧き水にしか住めない天然記念物の魚・ハリヨが生息しています。曽根城公園は春の花菖蒲でも有名です。→大垣市のYouTube

また、曽根町からは幕末の志士・梁川星巌も出ていますね。

IMG_9625

伏流水で満たされている曽根城址公園の池。

そして名水わさびと名コンビの飛騨牛。大垣市のふるさと納税の返礼品でも目玉になっていますね。実は飛騨牛は大垣市の(株)吉田ハムがブランド化したのです。 →(株)吉田ハム ホームページの飛騨牛物語

大垣で飛騨牛を頂くなら:https://tabelog.com/gifu/A2101/A210104/21007669/

会場で出された飛騨牛です

 

飛騨牛はカレーに使っても美味。こちらもふるさと納税の返礼品で選べます。→(株)吉田ハムの飛騨牛カレー

http://www.yoshida-ham.co.jp/product08.html 実は飛騨牛を世に出したのは大垣市の吉田ハムなのです。 大垣市にふるさと納税して頂ければゲット https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/21202

吉田ハムの飛騨牛カレー

なお、大垣市内で飛騨牛を頂くなら 飛騨牛すずき さんがおすすめです。

焼肉・しゃぶしゃぶ  すずき
大垣市南頬町1丁目148番地の1
Tel・Fax (0584)75-2585                           http://www.suzuki.shop-site.jp/

http://www.nisimino.com/nisimino/tokusyu/nasi/

地下水の豊富な大垣は梨の特産地でもあります

西濃の豊かな湧き水はみずみずしい梨も育みます。写真のキャプションにあるように大垣は県内2位の梨の産地。毎春、桜が散る頃に白い花がそこかしこで満開となり、西濃の春はたけなわとなります。

 

返礼品には大垣のお菓子もあります。

こちらは金蝶園(大垣市高屋町)の三輌やま(さんりょうやま)です。

http://www.kinchouen.co.jp/item/

金蝶園(大垣市高屋町)の三輌やま(さんりょうやま)

そしてこちらは同じく金蝶園の大垣あんぱん饅頭です。

http://www.kinchouen.co.jp/item/

金蝶園(大垣市高屋町)のあんぱん饅頭

会場に掲示された大垣ゆかりのポスターたち。

去年は大今良時さんの聲の形、今年は中村航さんのトリガール

会は盛況のうちに19時半にお開き。会場を撤収して最終の新幹線で大垣に戻られた市役所・ご関係の皆様、本当にご苦労様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京駅八重洲口で大垣まつりPRキャンペーンが行われました

奇しくも東日本大震災から6周年の3月11日(土)、東京駅八重洲口で大垣市と大垣観光協会による大垣まつりPRキャンペーンが開催されました。

サイネージ

折からの好天に恵まれた東京駅八重洲口は日本人のみならず訪日外国人観光客も交えて大混雑。そんな中で小川市長の挨拶によりキャンペーンが始まりました。

小川市長のご挨拶

小川市長ご挨拶

騒がしい駅構内の雑踏の中、小川市長やおがっきいのお土産の大垣せんべいを片手にした熱心なセールスや水の都おおがき親善大使の呼びかけのお陰で、神楽軕(やま)のカラクリ人形が上演される頃には通りすがりの多くの方が足を止めてブースに来られました。

今年の大垣祭は5月13・14日(土日)の二日間にわたって新緑の美濃の山を背景に、水門川の水面を鏡に開催されます。大垣まで足を運んで頂ければと思います。 →今年の大垣祭りの紹介

おがっきいも営業中

おがっきいも奮戦中

 

 

 

 

 

 

トップセールス

小川市長も率先垂範してPRされています

山口桃果さん

第7代水の都おおがき親善大使の山口桃果さんもご挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新町の菅原軕(すがわらやま)のからくり。菅原道真公の人形が大垣市の『大』を書いたところ

新町の菅原軕(すがわらやま)のからくり。菅原道真公の人形が大垣市の『大』を書いたところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菅原軕(すがわらやま)の文字書きカラクリが上演される頃には更に多くの人を集めていました。

 神楽軕(かぐらやま)・本町・中町・新町のからくりが注目

神楽軕(かぐらやま)・本町・中町・新町のからくりが注目

榊軕(さかきやま)の模型

大垣市竹島町の榊軕(さかきやま)の模型

後ろから見た榊軕(の模型)

後ろから見た榊軕(の模型)

 

 

 

 

 

 

 

 

ご興味をもたれた方はこちらもぜひ:大垣市による大垣祭十三軕(やま)の詳細紹介

東京駅八重洲口に大垣まつりが来ます

昨年12月1日、西濃ご出身の方なら一度はご覧になった大垣祭が、高山祭などと共にユネスコの世界無形文化遺産に登録された事はご記憶の方も多いと思います。

大垣祭について少々宣伝させて頂きますと、祇園祭の山鉾32基には及びませんが、高山祭の11〜12基と同じ規模の13基のやま(くるまへんに山)が大垣の旧城下町を練り歩く華やかなものです。

大垣市岐阜町の愛宕軕(やま)

大垣市岐阜町の愛宕軕(やま)

国宝だった大垣城以下、城下町を焼き尽くした空襲からも守られた、江戸時代創建の9基のやまをはじめとした13基のやまには、それぞれ趣向を凝らしたカラクリ人形が備えられ、見ていて楽しいものです。

この大垣祭が来たる3月11日、1日限り東京駅八重洲中央口に登場します。(開催時間は10時〜19時)

やまの実物はさすがに持ち込めませんが、11時、13時.14時30分の3回、人形カラクリが実演されます。また11時からは小川市長の挨拶も予定されています。

春の週末、東京駅で一足早い大垣祭見物はいかがでしょうか? 懐かしい方も、大垣にご興味を持たれた方も、是非足をお運び下さい。

→大垣市の記者発表資料

第27回岐阜県西濃関係者情報交換会

平成27年8月18日(火)、今年もルポール麹町で岐阜県西濃関係者情報交換会が開催されました。岐阜県西濃関係者情報交換会は大垣市が、毎年一回在京の西濃出身者・関係者と懇親を図るものです。今年も小川敏大垣市長、石田仁市議会議長、堤俊彦商工会議所会頭をはじめとする大垣市ご関係の方々のみならず、棚橋泰文衆議院議員、大垣市のマスコットキャラ・おがっきい、おあむちゃんまで100名近いご出席の方々と西濃の味で盛り上がりました。

おがっきいとおあむちゃん

おあむちゃん(左)とおがっきい(右)と小川市長

当会から大垣市栄誉市民でもある立川名誉会長、杉野会長等が参加しました。また、今年は会に先立って東京岐阜県西濃会として市の方と大垣市の魅力発信等について意見交換させて頂きました。

                                                                                                                    おまけ;

今年の岐阜県西濃関係者情報交換会で頂いたお土産の中に、昭和の時代に西濃で育った方なら懐かしいあのお菓子がありました。

ゼリコ

ゼリコの裏面

                                       隠れた大垣銘菓、ゼリコのレトロな箱の裏には大垣定住支援策が紹介されています。18歳まで(正確には18歳になって迎えた3月31日までなので、高校卒業までとなる)入院も含めた医療費が無料になる”子ども医療費助成制度”はじめ、魅力的な支援制度が用意されています。(詳しくはこちら→

ゼリコを作られているのは大垣市俵町の株式会社 鈴木栄光堂さんです。ゼリコ以外にも様々な飴やチョコレート等を作られてます。

ゼリコの中身

ゼリコ:キャラメル味のキャンディです

 

東京岐阜県人会総会に出席しました

東京岐阜県西濃会定期総会の翌週11月18日、九段下のホテルグランドパレスで開催された平成26年度東京岐阜県人会総会に西濃会からも多数出席、会の紹介と勧誘を行いました。

平成26年度東京岐阜県人会総会

古田肇岐阜県知事ご挨拶

みなもくん 2014

ミナモくん参上

総会では例年同様に県下各市町村からご寄贈いただいた特産品が配布されましたが、ここではその中で西濃地区由来の品をご紹介します。

パーシーちゃん

パーシーちゃん

大野町の富有柿 Lサイズ

大野町の富有柿 Lサイズ

大切に育てられた、傷一つない富有柿。一般に売られている柿とは全く違う、上品な甘さの美味しい柿でした。JAいび川のホームページ(http://www.jaibigawa.or.jp/topics/110928_03.html)でも紹介されていますが、この他にもネット販売している生産者さんがあります。ぜひ一度お試しください。

もう一点はいび茶です。

いび茶

いび茶 350mlペットボトル

こちらも全国区入りして欲しい逸品でした。

 

 

 

 

 

 

ぎふ42市町村ネットワークに東京岐阜県西濃会が紹介されました

岐阜市の特定非営利活動法人 ぎふ・プロジェクトネットワークは、ホームページ「ぎふ42市町村ネットワーク」の運営を中心に、岐阜県の地域資源を全国に発信し、「行政」「産業・企業」「団体及び各界で活躍の方々」等の情報を広く公開する活動から、岐阜県全体の経済の発展と地域の活性化に寄与することを目的としたNPO法人です。

今年8月に開催された平成26年度第1回 岐阜県人会 理事・評議員・監事合同会議にぎふ・プロジェクトネットワークがオブザーバー参加したことを伝える記事の後半に東京岐阜県西濃会が紹介されています。下記のURLからこの記事のページにリンクしています。http://www.gifu42.net/int_24.html

この記事以外にも、ぎふ42市町村ネットワークのホームページでは県下42市町村長へのインタビュー、各市町村の企業や特産品の紹介、関係市町村・企業へのリンク等々、岐阜県に関するイエローページのような、使い勝手の良いホームページになっています。

地元の事が知りたい節にはぜひご活用ください。

第26回岐阜県西濃関係者情報交換会

8月26日(火)、ルポール麹町で開催された岐阜県西濃関係者情報交換会に、当会から

大垣市栄誉市民でもある立川名誉会長他4名が参加、宣伝・勧誘を行った結果、4名の

方にご入会頂けました。

岐阜県西濃関係者情報交換会は西濃地区の自治体を主に構成され、毎年一回在京の

西濃出身者・関係者と懇親を図るものです。

今年も小川大垣市長以下市議会議長・商工会議所会頭・観光協会会長をはじめとする

大垣市ご関係の方々のみならず、棚橋泰文衆議院議員、古田岐阜県知事のご名代の

安福岐阜県西濃振興局長から大垣市のマスコットキャラ・おがっきい、おあむちゃんまで

100名近いご出席の方々と西濃の味で盛り上がりました。

 

小川大垣市長のごあいさつ小川大垣市長ごあいさつ

おがっきぃ&おあむちゃんのピンバッジおがっきぃ&おあむちゃん

 

リンク:会の模様(大垣市・おがっきいブログ)http://plaza.rakuten.co.jp/machi21ogaki/diary/201408280000/