第100回全国高等学校野球選手権記念大会 岐阜県代表 大垣日大高校の初戦は8月8日(水)午後1時です

1915年(大正4年)に始まった夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)は今年で100回目。高校野球は戦時中、中止されていたので、1918年(大正7年)に市制を施行された大垣市と、奇しくも100周年ということでは一致しています。

その大垣市から甲子園に出場を決めた大垣日大高校の一回戦は、既に報じられている通り、8月8日(水)午後1時からの第3試合、熊本県代表の東海大付属熊本星翔高校と対戦します。

大垣市が募集した応援バスツアーは、既に完売、大垣市内には当然ながらこんな応援ポスターが溢れています。

アクアウォーク入り口の大垣日大高校応援ポスター

 

垂井町・大垣北高校出身の俳優・鈴木 歩己さんが出演された舞台がNHK・BSプレミアムで放映されます

1999年秋に東憲司氏を代表に結成された”劇団桟敷童子(さじきどうじ)”が今年5月から6月にかけて錦糸町の すみだパークスタジオ(倉) で上演した舞台『翼の卵』で、地元解体業者の組長役で出演されている俳優の鈴木 歩己(すずき あゆみ)さんは、垂井町出身の大垣北高36回生(1985年3月卒業)です。

その舞台が8月6日(月)午前0時~午前4時32分 NHK・BSプレミアムで放映されます(8月5日・日曜日の深夜、月曜に日付が変わった後です。『翼の卵』はこの前半に放映されます)

翼の卵フライヤー

昭和49年夏、斜陽産業となって久しい福岡県の筑豊炭田を舞台に、再婚相手の実家に10年ぶりに戻ってきた母子と、周囲の筑豊のひとびとの複雑な人間模様を描いた劇です。この舞台にはその昔、「Gメン75」や映画「蒲田行進曲」で活躍された原田大二郎さんも出演されています。

上演中は話題になった作品(→文春オンライン)ですので、垂井町や大垣北高関係以外の方もぜひご覧になって下さい。月曜の明け方の放映ですので、録画して頂ければ、と思います。

 

リンク:劇団桟敷童子

NHK・BSプレミアム・プレミアムステージ

鈴木步巳さんプロフィール

 

 

 

 

 

第100回 全国高校野球選手権大会 岐阜県代表に大垣日大高校

8月5日(日)から8月21日(火)まで甲子園球場で開催される全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)。 今年は第100回記念大会で、史上最多の56代表校が出場します。

本日午後、長良川球場で行われた岐阜大会決勝戦で大垣日大高校が大垣商業高校を7-1で破り、2年連続5回目の出場を果たしました。 1994年以来24年ぶり4回目の出場を目指した大垣商業高校はあと一歩及びませんでした。

組み合わせ抽選会は、8月2日(木)午後4時から。今年の大垣日大高校には西濃運輸の分まで健闘して頂きたいと思います。

 

試合結果バーチャル高校野球

 

第10回目となる岐阜の地酒に酔う2018が開催されました

※PCでご覧の方は、写真にマウスのカーソルを当て、右クリックして『新しいタブで画像を開く』を選択すると大きなサイズで写真が見られます。

※※青いフォントはすべて蔵元さん等の関連ページにリンクしていますので、リンク先もあわせてご覧になって下さい。

                                      7月22日(日)、当ホームページでもご案内させて頂きました”岐阜の地酒に酔う2018”が、史上最高の猛暑の中、神田一ツ橋の如水会館・スターホールを借り切って開催されました。昨年の模様→ 岐阜県内の蔵元、31蔵が一堂に会しての規模で開催される会も今年で10回目。

今年で10回目

今年で10回目です

280名の定員はオーバーするほどの人気でした。今年は例年にもまして女性の姿が多かったように感じました。

会場風景

今年の会場風景。浴衣姿の女性も

会は岐阜県酒造組合連合会・中島善二代表理事のご挨拶でスタート。(中島代表理事は土岐市の千古乃岩酒造㈱の代表でもあります)

岐阜県酒造組合連合会 中島善二代表理事と2018 ミス日本酒 須藤亜紗実さん

岐阜県酒造組合連合会 中島善二代表理事の開会ご挨拶。左は2018 ミス日本酒の須藤亜紗実さん

利き酒師の資格を持つフリーアナウンサー・あおい有紀さんの司会に2018年ミス日本酒須藤亜紗実さんが花を添えました。

岐阜県酒造組合連合会 中島善二代表理事とあおい有紀さん

岐阜県酒造組合連合会 中島善二代表理事とあおい有紀さん

 

利き酒師の資格も持つフリーアナウンサーのあおい 有紀さん

利き酒師の資格も持つフリーアナウンサーのあおい 有紀さん。絶妙な司会で会場を盛り上げてくださいました

乾杯

岐阜県酒造組合連合会 中島善二代表理事のご発声で乾杯!

東京・大阪・岐阜と三か所で開催される会の東京会場に西濃地区からは6蔵が出展されました。以下、その様子を紹介します。

                                      ①株式会社三輪酒造(大垣市船町4-48)→ホームページ

創業1837年

主な銘柄:純米にごり・白川郷、特別本醸造バロン鉄心など。

当会の法人会員にもなって頂いています。主力の濁り酒・白川郷は首都圏の酒屋さんにも良く置いてありますね。 8代目社長の三輪研二さんは岐阜県酒造組合連合会の青年部組織である県酒造青年醸友会を引っ張って来られました。

三輪酒造 三輪研二社長

三輪酒造 三輪研二社長

三輪酒造 三輪研二さん (2)

白川郷をいただく須藤亜紗実さん、去年までこの会の司会を務められた三輪社長に切り込む今年の司会のあおい有紀さん

                                      ②武内合資会社(大垣市伝馬町1)→ホームページ

創業1744年

主な銘柄:美濃紅梅、大垣城、御幸鶴、兄花など。

大垣では一番古い蔵元さんですが、一滴千山TAKE3 Sparklingなど新たな挑戦もされています。ホームページには酒造りの工程がとても詳しく紹介されています。

武内合資 武内昌史代表 (左)

武内合資 武内昌史代表 (左)

 

 

武内合資 武内昌史さん (2)

一滴千山 TAKE3 Sparklingをあおい有紀さんに説明する武内代表、傍らで試飲を待つ須藤亜紗実さん

                                      ③渡辺酒造醸(大垣市林町8-1126)→ホームページ

創業1902年。

主な銘柄:美濃錦・白雪姫・あさちゃんのどぶろくなど。

四代目の渡邊愛佐子さんが西濃地区唯一の女性杜氏として関市洞戸の奥長良川の名水・高賀の森水を使った酒造りをされています。

渡辺酒造醸四代目 渡辺愛佐子さん(左)

渡辺酒造醸四代目 渡辺愛佐子さん(左)

渡辺酒造醸 渡辺愛佐子さん (2)

三美人(須藤亜紗実さん、渡辺愛佐子さん、あおい有紀さん)

 

                                      ④大塚酒造株式会社(揖斐郡池田町池野422)→ホームページ

創業1884年。

主な銘柄:竹雀、初霜など。

六代目の大塚清一郎さんが西濃古来の酒米・初霜で酒造りをされています。岐阜県内で広く初霜の栽培家を募っておられます。→あなたの初霜米で酒造り

大塚酒造六代目 大塚清一郎さん(右)

大塚酒造六代目 大塚清一郎さん(右)

大塚酒造 大塚清一郎さん (2)

あおいさん・須藤さんの二人がかりで取材される大塚清一郎さん

                                      ⑤所酒造合資会社(揖斐郡揖斐川町三輪537-1)→ホームページ

創業:明治初年

主な銘柄:房島屋を中心に揖斐の蔵など

今夏の猛暑で一躍有名になった揖斐川町の蔵元さんです。四代目の所優さんが杜氏として蔵を継がれています。

所酒造四代目 所優さん

房島屋純米無濾過生原酒を手にする所酒造四代目 所優さん

所酒造 所優さん

四代目の所優さんにインタビューするあおいさんの脇で須藤さんのあっぱれな飲みっぷり

                                      ⑥玉泉堂酒造株式会社(養老郡養老町800-3)→ホームページ

創業:1806年

主な銘柄:美濃菊・醴泉・無風など

親孝行な息子が老父に汲んで来た滝の水がお酒になったと伝えられる養老の滝のある養老町の蔵元さんです。(当会ホームページのトップ写真が養老の滝なのです)当会ホームページで紹介させて頂いている醴泉正宗瀧津瀬を醸しておられます。

玉泉堂酒造 庄田営業部長

醴泉を手にする玉泉堂酒造 庄田営業部長

 

玉泉堂酒造 庄田営業部長 (2)

試飲した感想を庄田営業部長に尋ねる須藤亜紗実さん

 

西濃地方の6蔵に共通するのは、以前、当ホームページで紹介させて頂きましたように、伊吹山系を源とする豊富でやわらかな地下水を使った酒造りをされていること。雑味のない軟水がベースなので酒米の個性がはっきりするように思います。

西濃の仕込み水。 すべて軟水

西濃の蔵元さんの仕込み水。 もちろんすべて軟水

10回目を迎えるこの会、定員を280名に絞ることによって、蔵元さんと直接交流できる行事として定着してきた気がします。当会でも4年連続して参加させて頂く中で、岐阜県内の蔵元さんが切磋琢磨して年々質の高い日本酒を送り出されていることが良く感じられます。

多くの蔵元さんは小規模生産のため、なかなか東京でお目にかかれなかったりしますが、ネット通販等でも手に入れられますので、ぜひお試し下さい。

渡辺酒造醸の白雪姫を試飲する須藤さん

31蔵すべて利き酒制覇された2018ミス日本酒の須藤亜紗実さん。実は慶應大学医学部の学生さんだそうです。お疲れ様でした

速報・第100回全国高校野球選手権大会 岐阜大会決勝は大垣対決です

本日(2018年7月24日)岐阜市の長良川球場で行われた、第100回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)岐阜大会準決勝、第1試合で大垣商業高校が市立岐阜商業高校を4―1で下し、第2試合では大垣日大高校が岐阜第一高校を4-2で下し決勝進出を決めました。

明日25日午後1時から行われる岐阜大会決勝は大垣商と大垣日大の大垣対決となりました。

試合結果を報じる岐阜新聞Web

明日の決勝の模様はバーチャル高校野球でも中継されるそうです。

 

第89回都市対抗野球大会 大垣市代表 西濃運輸 一回戦敗退(記事追加)

7月15日(日)に東京ドームで行われた第89回都市対抗野球大会一回戦第3試合。海の日の三連休の中日ということもあり、3万4千名のファンが見守る中、5年連続37回出場の大垣市代表・西濃運輸は9年連続21回出場の東京都代表・JR東日本と対戦、0-3で敗退しました。

試合結果詳細→西濃運輸野球部HP毎日新聞 写真特集日本野球連盟試合詳報

※PCでご覧の方は、写真にマウスのカーソルを当て、右クリックして『新しいタブで画像を開く』を選択すると大きなサイズで写真が見られます。

※※青いフォントはすべて蔵元さん等の関連ページにリンクしていますので、リンク先もあわせてご覧になって下さい。

開会前挨拶

試合前の挨拶。右端から小森野球部長、マスコットガールの武田えりなさん、阪本監督。一歩前に立つのは伊藤匠主将

大垣紹介

東京ドームのオーロラビジョンに流れる大垣市紹介ビデオ

もはや都市対抗名物ともなった感のある芭蕉に扮した小川敏市長の絶妙なストライクで飾った始球式で試合は始まりました。

始球式

松尾芭蕉の衣装で振りかぶる小川敏大垣市長

都市対抗野球・本戦初采配となる阪本監督に率いられた西濃運輸は、初回に連打で先制点を許し、以後もJR東日本ペースで試合を進められます。 以下応援風景をご紹介します。

SEINO

SEINO

Victory

Victory

三塁側ダックアウト上の応援ステージには、今年ももちろん、「清流の国ぎふ」マスコットキャラクター・ミナモくん、大垣市のマスコットキャラクター・おがっきいとおあむちゃん、松尾芭蕉に扮した小川敏市長、第8代 水の都親善大使の皆さん、大垣ミナモソフトボールクラブ、と例年通りの賑やかさでした。

応援団姿の岐阜県マスコット ミナモくん

応援団姿の清流の国ぎふ マスコットキャラクター ミナモくん

 

おあむちゃん、坪井咲さん、小川敏市長、増田恵美さん、中野櫻子さん、おがっきい

左からおあむちゃん、坪井咲さん(親善大使)、小川敏市長、増田恵美さん(親善大使)、中野櫻子さん(同)、おがっきい

背番号100周年

小川市長の背番号は100。今年は大垣市政100周年なのです。

 

大垣ミナモソフトボールクラブ 平川主将

大垣ミナモソフトボールクラブ 平川主将

試合は西濃運輸6人、JR東日本も5人の投手を繰り出しての必死の攻防が続きました。

大野健介投手(ヤマハ)

5人目の大野健介投手(補強選手・ヤマハ)

のヒット

8回表、連打を放つ新人・清水雄二選手

しかし本塁打を含めて10安打を放ったJR東日本に対し、西濃運輸は3安打に封じられ、得意の連打攻勢を見せることなく試合は0-3で終了しました。今年の夏は少々早く終わってしまいましたが、来年も東京ドームに大垣の名前が飛び交うよう、西濃運輸野球部の今後の活躍に期待したいと思います。

応援席にあいさつ

試合後、応援席に挨拶する選手達。一歩前で深々と頭を下げる伊藤匠主将。

西濃運輸と大垣市にエールを送るJR東日本応援団

JR東日本にエールを送る

神谷正博社長

西濃運輸 神谷正博社長ごあいさつ

惜敗した西濃運輸の無念を晴らすかのように、翌16日は西濃地方の揖斐川町が39.3度という日本一の気温をたたき出しました。西濃会HPをご覧の皆様も猛暑に負けないよう、お体大切にして下さい。

【編集子追記】

本日(2017年7月24日)付の日本経済新聞電子版に篠山正幸編集委員が“都市対抗野球にみた「野球の原点」 ”というコラムを書かれています。全文は引用できませんのでこちらでご覧頂きたいのですが、都市対抗野球の魅力を『プロ野球並みの技術と高校野球並みのスピード感と密度』であり、まさにそこが『野球の原点である』と見抜かれています。 さらに地域や会社を背負って、甲子園の高校野球と同様、負ければ終わりのトーナメント戦の真剣勝負が選手に覚悟を与えていると。

私たちが毎年都市対抗野球を観戦して感じる感動が、単なる地元びいきではなく、どこから来ているかを見事に解き明かして頂いたコラムでした。

 

7月22日(日)、岐阜の地酒に酔う in東京 2018が開催されます

今年で10回目となる県下の蔵元31社を集めた岐阜の地酒の最大のイベント、「岐阜の地酒に酔う in 東京 2018」が岐阜県酒造組合連合会様の主催、名古屋国税局の後援、カネコ小兵製陶所の協力で、例年通り竹橋の如水会館にて開催されます。今年も例年のようにミス日本酒も参加しての華やかな利き酒会になりそうです。

日時:2018年7月22日(日) 13:00~16:00

場所:如水会館2F スターホール   (東京都千代田区一ツ橋2-1-1)

参加費:3,500円

岐阜の地酒に酔う2018チラシ

西濃からは、(株)三輪酒造:白川郷 / 武内(資):一滴千山 / 渡辺酒造醸:白雪姫 / 大塚酒造(株):竹雀 / 所酒造(資):房島屋 / 玉泉堂酒造(株):醴泉・美濃菊・無風の6蔵が出展される予定です。

本年度も昨年同様、400名に絞っての開催となりますので、早々に定員に達することが予想されます。締め切りは7月18日(水)ですので、ぜひお早めにお申し込みください。

お申し込み方法は;

①FAX

以下の申込用紙の画像をクリックすると岐阜県酒造組合連合会のPDFファイルが開きますので、ダウンロードして頂いた上で必要事項を記載のうえFAXして頂き、折り返し郵送される振込用紙にて参加費をお振込み。(主催の岐阜県酒造組合連合会のホームページに詳細な説明がされています)

岐阜の地酒に酔う2018申込書

岐阜の地酒に酔う2018申込書

②ホームページ上で申し込み、振込用紙を受け取って送金。

岐阜県酒造組合連合会のホームページにて申し込み。折り返し郵送される振込用紙にて参加費をお振込み。申し込みページはこちら←

イープラスにてお申込み、参加費支払い。

なお、岐阜県酒造青年醸友会のFBにも案内されています。

皆様、奮ってご参加ください。

今年の第89回都市対抗野球・西濃運輸の一回戦は7月15日(日)午後6時からです

今年も都市対抗野球の季節が近づいています。

大垣市の西濃運輸野球部が、東海地区第四代表(昨年は第六代表)として今年も東京ドームにやってきます。初優勝した2014年の85回大会から今年で5年連続。37回の出場回数は本戦出場32チームの中ではさいたま市代表 日本通運(4年連続43回目)、昨年優勝の東京都代表 NTT東日本(3年連続42回目)、川崎市代表 東芝(10年連続40回目)に次いでいます。

第88回都市対抗野球大会結果

第88回都市対抗野球大会結果

第89回都市対抗野球大会東海地区二次予選結果

第89回都市対抗野球大会東海地区二次予選結果

西濃運輸野球部の緒戦は7月15日(日曜日)午後6時からの第三試合。対戦相手は9年連続21回出場の東京都代表・JR東日本です。両チーム共に昨年の第88回大会では共に準々決勝までコマを進めており、見ごたえのある試合が期待されます。

試合日程の日程は以下のようになっています(画像をクリックすると日本野球連盟の試合日程のサイトが別ウィンドウで開きます)

第89回都市対抗野球大会日程表

第89回都市対抗野球大会日程表

東京ドーム座席

 

日曜夕方6時からの第三試合ですが、翌日のお仕事に差支えない範囲で、ぜひ東京ドームに応援においで下さい。三塁側入り口の西濃運輸のテントで、黄色い団扇を頂いて、24番ゲートを入った三塁側内野スタンドに陣取って西濃会有志も応援していると思います。

今年も東京ドームに何度も通えるよう、西濃運輸野球部の活躍を祈っています。

関連リンク:

公益財団法人 日本野球連盟の都市対抗野球情報

西濃運輸運動部 公式ウェブサイト

 

岐阜県立大垣工業高等学校同窓会東京支部 第34回総会が開催されました

さる5月26日(土)、四ツ谷駅前の主婦会館プラザエフにて第34回大垣工業高等学校東京支部同窓会が開催されました。

参加者は40名程。大垣からは大垣工業高校の堀秀樹教頭先生、一般財団法人 岐阜県立大垣工業高等学校 同窓会・樋口武尚代表理事も参加。今春卒業し、進学・就職のため上京したての卒業生2名も招いての会となりました。
出席した卒業生以外の東京支部のほぼ全員から寄せられたメッセージも紹介され、なごやかな会となりました。

大垣工業高校同窓会の様子2

校旗のもとに

大垣工業高校同窓会の様子1

大垣工業高校同窓会の様子

 

岐阜県立大垣工業高校同窓会東京支部第34回総会

岐阜県立大垣工業高校同窓会東京支部第34回総会式次第

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考リンク:

一般財団法人 岐阜県立大垣工業高等学校 同窓会HP

岐阜県立大垣工業高等学校HP

アメリカ人ユーチューバーの見た大垣

たらい舟

今春、大垣を訪れたアメリカ人ユーチューバー・WΔY ΔWΔYさんの動画(Youtube,Our FAVORITE day in Japan!(Ogaki,Gifu),)が反響を呼んでいます。→https://youtu.be/LNrNreRb67A

12分ほどの動画の中、名古屋から東海道線に乗って大垣駅に着いた二人は、大垣のホストファミリーと一緒に、哲麺16代目大垣上面店(リンク)の博多ラーメンで腹ごしらえした後、伏見稲荷・豊川稲荷と共に日本三大稲荷と言われる千代保(おちょぼ)稲荷(リンク)の参拝に向かいます。お供えのおあげ(本物の油揚げです!)とろうそくを買ってお参り。その後、重軽石に挑戦した二人は参道のみそカツとラムネでのどを潤してます。

大垣に戻って大垣城や郷土館、美登里橋といった定番コースを巡って、水門川のたらい舟(リンク・今シーズンの運航は5月6日で終了しました)に乗って春の大垣を満喫した後は、ホストファミリーのお家でトンカツ作りに挑戦。

既に再生回数は1万回を超えていて、”Kawaii!”、”Lovely”といったコメントが多数寄せられています。『たらい舟がテーマパークのスピニングボートみたいでスリリング』とか”wanting to go for a looooong time”(ずうーーーっと前から行きたかった)といったコメントも。

海外の方が大垣のどんなところに魅力を感じているか、何となくわかりそうですね。