1月27日(火)、BSジャパンの番組で西濃地方が特集されます

BSジャパン(BS171)で毎週放映されている番組「空から日本を見てみよう+」で瑞穂市から関ヶ原町までの西濃一帯が特集されます。この番組は日本国内各地の空から見た風景を紹介して行く1時間番組です。1月20日に放映された岐阜市に続き、西濃地方が紹介されます。関ヶ原古戦場や金生山など懐かしい場所を空から見た映像が、伊武雅刀さん演じる”くもじい”と柳原可奈子さん演じる”くもみ”のお二人の案内で紹介されてゆきます。放映時間は以下の通りです。

BSジャパン(BS171) 1月27日(火) 20:00~20:55

番組ホームページ(予告編動画あり)http://www.bs-j.co.jp/sorakara/

くもじい・くもみ

 

なお、番組は放映終了後テレビ東京からDVDとしても発売される予定です。

 

 

淡墨桜の観桜会を開催します

八王子市子安町に公益財団法人濃飛会が運営する岐阜県学生会館があります。ここには岐阜県出身の学生約70名が在籍しており、当東京岐阜県西濃会監事の白石周子さんが寮監を務められています。

この学生会館の庭に根尾の淡墨桜の苗を移植した淡墨桜が植えられています。 淡墨桜を世に知らしめたた作家・宇野千代氏旧蔵の樹を譲り受け、移植したものだそうです。

岐阜県学生会館の淡墨桜

毎年彼岸の頃に開花するこの淡墨桜の観桜会を3月21日(土)に行います。

詳細は今後決めますが、JR八王子駅に正午集合を予定しています。桜を見た後は周辺で懇親会も予定しております。会に入会されていない方のご参加も歓迎しますので、ぜひお越しください。

岐阜県学生会館:http://nohikai.com/about.html

高度1万メートルから見た雪の西濃

何年か前、成田と上海を頻繁に行き来していた時期がありました。2003年の新年早々に成田から上海に向かった折に機上から撮影した写真をご紹介します。

下の図のように空の上にもルートや高度を定めた道(航空路)があり、航空機は地上からの無線で誘導された航空路に沿って飛行しています。                           成田空港から上海方面に向かうフライトは、伊豆半島を横断、御前崎から津上空を飛行するY58やY56と言ったルートが多いのですが、この日はY20という富士山北側から、飯田・中津川を通り大垣上空を飛行する、空の中山道ともいえるルートでした。

航空路線図(高高度)

東海地方の高高度航空路 http://skyvector.com/

小牧・一宮を通過した航空機が羽島上空に差し掛かり、東海道新幹線と名神高速道路の分岐や伊吹山が見えてきます。

109-0992_IMG

木曽・長良・揖斐(手前から)三川と伊吹山

この日、西濃地方は快晴。前日までの雪が残り道路や河川もはっきり視認できました。

109-0994_IMG

輪之内町上空から根尾川・揖斐川

109-0993_IMG

安八町(手前)と大垣市街、金生山

西濃地区ご出身者の方々には見慣れた伊吹山の高度1万メートルからの姿です。

109-0996_IMG

伊吹山

この位置から見ると西濃地方と日本海の近さが良くわかります。

109-0995_IMG

濃尾平野。画面左上の雪を頂いた山々の先は敦賀市と日本海

 

新年明けましておめでとうございます

東京岐阜県西濃会のホームページをご訪問頂いた皆様、有難うございます。          お陰さまで東京岐阜県西濃会も2年目を迎えることができました。

本ホームページのトップページにバナーを掲載させて頂いておりますので、お気づきの方もおられると思いますが、地元西濃の有力企業(矢橋工業株式会社様、中西工業株式会社様、胡蝶庵様)からも本会へのご支援賜りました。今年はその期待に愧じないよう、西濃地区の振興に僅かなりとも尽力させて頂きたいと思います。

西濃会の新年のご挨拶。                                          となれば西濃地区に共通する名峰、伊吹山の写真を掲載しようかと思いましたが、日本のお正月、やはり富士山しかありませんね。

ということで富士山の写真で新年のご挨拶とさせて頂きます。

西濃運輸富士支店

ただし、そこは西濃会。

西濃地区を代表する企業の一つ、西濃運輸と富士山の写真で平成27年をお迎えさせて頂きました。

この写真の西濃運輸㈱は静岡県富士市富士岡750−1の富士支店です。上京される東海道新幹線の車中、静岡を過ぎて富士市の大昭和製紙を過ぎ、三島に近づく頃、見られます。

本年も宜しくお願い致します。