岐阜の地酒に酔う2017が開催されました

※PCでご覧の方は、写真にマウスのカーソルを当て、右クリックして『新しいタブで画像を開く』を選択すると大きなサイズで写真が見られます。

7月24日(日)、当ホームページでもご案内させて頂きました”岐阜の地酒に酔う2017”が、今年も昨年同様の猛暑の中、神田一ツ橋の如水会館・スターホールを借り切って開催されました。昨年の模様→ この回も、今年で9回目。岐阜県内の蔵元、31蔵が一堂に会しての規模に、昨年は400名を招いたところ、会場はラッシュ時のような大混雑。今年は350名に制限しての開催でしたが会場の熱気には変わり無く、どの蔵元さんのブースも行列。岐阜の地酒ファンの熱さを感じました。

青いフォントはすべて蔵元さん等の関連ページにリンクしていますので、リンク先もあわせてご覧になって下さい。

会場風景

今年も変わらぬ会場風景

会は岐阜県酒造組合連合会・中島善二代表理事のご挨拶でスタート。2017年ミス日本酒田中梨乃さん、2017 ミス日本酒 岐阜の原田理央さんが花を添えました。

岐阜県酒造組合連合会・中島善二代表理事ご挨拶。後方は2017年Miss日本酒の田中梨乃さん

岐阜県酒造組合連合会・中島善二代表理事による開会のご挨拶。 後方は2017年ミス日本酒の田中梨乃さん

東京・大阪・岐阜と三か所で開催される会の東京会場に西濃地区からは5蔵が出展されました。以下、その様子を紹介します。

①株式会社三輪酒造(大垣市船町4-48)→ホームページ

(株)三輪酒造「白川郷」

(株)三輪酒造「白川郷」

創業1837年 主な銘柄:純米にごり・白川郷、特別本醸造バロン鉄心など。 当会の法人会員にもなって頂いています。主力の濁り酒・白川郷は首都圏の酒屋さんにも良く置いてありますね。 8代目社長の三輪研二さんは岐阜県酒造組合連合会の青年部組織である県酒造青年醸友会会長として、例年同様に本会の司会進行を務められていました。

(株)三輪酒造・武内合資

(株)三輪酒造、武内合資・武内昌史代表(左端)

 

②武内合資会社(大垣市伝馬町1)→ホームページ

武内合資「美濃紅梅」

武内合資「美濃紅梅」

創業1744年

主な銘柄:美濃紅梅、大垣城、御幸鶴など。

”大垣城 上撰”が酒文化研究所による全国燗酒コンテスト2017「お値打ちぬる燗部門」で、また「特殊ぬる燗部門」で”美濃紅梅 秘蔵古酒 2003年醸造 特別本醸造酒”がそれぞれ金賞を受賞されました。

③大塚酒造株式会社(揖斐郡池田町池野422)→ホームページ

大塚酒造(株)「竹雀」

大塚酒造(株)「竹雀」

創業1884年。

主な銘柄:竹雀、初霜など。

六代目の大塚清一郎さんが西濃古来の酒米・ハツシモで酒作りをされています。→蔵の様子

渡辺酒造醸・大塚酒造(株)

右:渡辺酒造醸・四代目の渡辺愛佐子さん、左:大塚酒造・六代目の大塚清一郎さん

④渡辺酒造醸(大垣市林町8-1126)→ホームページ

渡辺酒造醸「白雪姫」

創業1902年。

主な銘柄:美濃錦・白雪姫・あさちゃんのどぶろくなど。

四代目の渡邊愛佐子さんが西濃地区唯一の女性杜氏として関市洞戸の奥長良川の名水・高賀の森水を使った酒作りをされています。

⑤所酒造合資会社(揖斐郡揖斐川町三輪537-1)→ホームページ

所酒造合資「房島屋」

創業:明治初年

主な銘柄:房島屋を中心に揖斐の蔵など

四代目の所優さんが杜氏として蔵を継がれています。

東京でも日本酒専門店には置かれるようになりましたね。→大森・吟吟

所酒造合資・玉泉堂酒造(株)

右・所酒造合資 四代目の所優さん、左・玉泉堂酒造(株)庄田営業部長

⑥玉泉堂酒造株式会社(養老郡養老町800-3)→ホームページ

玉泉堂酒造(株)・「醴泉」

玉泉堂酒造(株)・「醴泉」

創業:1806年

主な銘柄:美濃菊・醴泉・無風など

本会ホームページでお知らせしましたが、玉泉堂さんの瀧津瀬 純米大吟醸は2015年~2016年にかけてANAのファーストクラスで提供されていましたね。

養老や大垣の仕込み水

各蔵元さんの仕込み水も大人気でした

この会を楽しみに毎年参加されている方も多数おられるようで、見覚えのあるお顔もちらほら。西濃のお酒を東京で頂ける機会も増えていますが、地域商品として更に注目されるよう、当会も微力ながらお手伝いしたいと思います。

第88回都市対抗野球大会準々決勝 大垣市代表 西濃運輸 惜敗

7月23日(日)午後2時50分、東京ドームで行われた第88回都市対抗野球大会 準々決勝第二試合で4年連続36回出場の大垣市代表・西濃運輸はさいたま市代表・日本通運に2-0で惜しくも敗れました。 試合の詳細はこちらのリンク先をご参照下さい→西濃運輸野球部HP毎日新聞 写真特集日本野球連盟試合詳報

準々決勝も試合風景中心にお伝えします。

先発は今大会初登板の山下大輝投手。6回まで本塁打による1失点の好投を見せました。

今大会初登板の山下大輝投手。6回まで本塁打による1失点の好投

山下大輝投手

東京ドームには今日も小川敏大垣市長が、いつもの芭蕉翁姿で登場、今日は「水の都おおがき親善大使」の村田純佳さんや岐阜県のマスコット・ミナモちゃんも一緒でした。

今日はふたたび小川敏大垣市長が登場

今日はふたたび小川敏大垣市長が登場

 

今日の一句

今日の一句

 

岐阜県のマスコット・ミナモちゃんも登場

岐阜県のマスコット・ミナモちゃんも登場

日本通運の先制ソロホームランの一点を追う西濃運輸は5回1死後、8番・東名、代打・黒水の連打を1番中村が絶妙なセーフティバントで一死満塁の絶好のチャンスとします。

5回表 一番 中村優太のバントで一死満塁

5回表 一番 中村優太のバント

5回表 一番中村優太のバントで一死満塁

5回表 一番中村優太のバントは内野安打となり 一死満塁

 

5回表 一死満塁のチャンス

5回表 一死満塁のチャンス

しかし次打者が併殺に倒れ惜しくもチャンスを逃します。

西濃運輸は6回から一回戦で好投した嶽野投手が継投、息詰まる投手戦が続きます。

継投した嶽野雄貴投手

 

嶽野雄貴投手の力投

嶽野雄貴投手の力投

しかし8回裏、嶽野投手も連打を浴び、試合は2-0となります。

8回裏 代打出場でヒットを放った黒水大輔選手がセンターへの大飛球を好捕、日本通運の追加点を抑える。

8回裏 代打出場でヒットを放った黒水大輔選手がセンターへの大飛球を好捕、日本通運の追加点を抑える。

最終回、谷選手のヒットも得点につながらず試合終了。

試合結果

 

試合終了、両チーム一礼

試合終了、両チーム一礼

そして最後は恒例の両チーム応援席一体となったエール交換で西濃運輸 野球部の今年の夏は締めくくられました。

日本通運応援席から送られる『フレー、フレー、おおがき!』のエール

西濃運輸の健闘を称える日本通運

 

最敬礼してエールを受ける1

最敬礼してエールを受ける1

 

最敬礼してエールを受ける2

最敬礼してエールを受ける2

 

雪辱を誓う西濃運輸 神谷正博社長

雪辱を誓う西濃運輸 神谷正博社長

今年も東京ドームいっぱいに『お・お・が・き』を響き渡らせて下さった西濃運輸野球部・応援部をはじめとする西濃運輸の皆さん、はるばる大垣から駆けつけて下さった大垣市の皆さん、そして東京ドーム3塁側で西濃運輸に声援を送ってくださった皆さんに改めて感謝の言葉を申し上げたいと思います。

立ち位置シールを片付けて東京ドームを後に

立ち位置シールを片付けて東京ドームを後に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第88回都市対抗野球大会二回戦 大垣市代表 西濃運輸 快勝

7月19日の緒戦に引き続き、7月21日(水)に東京ドームで行われた第88回都市対抗野球大会で4年連続36回出場の大垣市代表・西濃運輸は東京都代表・東京ガスを8-2で下し、準々決勝にコマを進めました。 試合の詳細はこちらのリンク先をご参照下さい→西濃運輸野球部HP毎日新聞 写真特集日本野球連盟試合詳報

二回戦は試合風景中心にお伝えします。西濃運輸野球部HPの試合詳報と共にご覧頂くと良いかと思います。

両チーム整列してプレーボール

 

船町灯台が東京ドームのオーロラビジョンに

 

一回裏 井貝選手がセンター前ヒット

 

一回裏  井貝選手に続いて阪本選手が2点タイムリー二塁打

一回裏  そして主将・伊藤選手の二試合連続ツーランホームラン

 

一回裏 本塁打の打球を目で追いかける伊藤選手

 

ホームランだっ!!!♫

 

一回戦に続き初回にいきなり4得点

 

今日の芭蕉翁は市長ではありません

 

今日の一句です

 

4回裏 一死満塁から井貝選手のタイムリーヒットで5点目

 

4回裏 井貝選手に続き谷選手もタイムリーヒットで6点目

 

4回裏 谷選手に続き伊藤主将が三塁強襲の2点タイムリーヒット!

 

4回終了時点で大量8得点

 

大垣まつりの軕(やま)も踊る

 

堀田投手9回の投球1

 

堀田投手9回の投球2

堀田投手9回の投球3

 

VICTORY みんな西濃運輸グループのOLさんです

 

試合結果

 

西濃運輸応援席への挨拶。今日も大活躍の伊藤主将は一歩前で最敬礼。

今日の試合も両チームのエール交換で締めくくられました。社旗と共に直立不動で西濃運輸応援団および西濃運輸側観客からの『フレー!フレー!とうきょう!』を受ける東京ガス応援団(毎日新聞写真特集)の姿が目に焼き付きました。

東京ガスへのエールを直立不動で受けて下さる東京ガス応援団とお客様たち

西濃運輸 神谷正博社長のご挨拶

これで西濃運輸は準々決勝にコマを進めました。準々決勝の対戦相手はなんと西濃運輸の本業でのライバル、日本通運株式会社です。

エール交換が終わった後、挨拶に立たれた西濃運輸株式会社代表取締役社長 神谷正博氏の『日本通運さんにだけは絶対負けられませんので、今日以上の応援をよろしくお願いします』とのお願いに観客席は拍手大喝采を浴びせていました。

2017年夏の西濃運輸の3戦目は7月23日(日)午後二時からの第二試合、さいたま市代表・日本通運と対戦します。 日本通運は21日の西濃運輸の試合に先立つ第二試合でパナソニックを大会史上63年ぶり3回目となるノーヒットノーランで下しています。 神谷社長以下、大垣市代表・西濃運輸の願いを叶えるべく、ゆかりの皆様の応援をお願い致します。

会では23日も応援を予定しています。23日午後1時30分頃に東京ドーム正面22番ゲート(こちらです)に集合致します。

 

*2017.7.23 毎日新聞写真特集のリンク先を変更しました。また、東京ガス応援団の写真特集にリンクを張りました。

 

第88回都市対抗野球大会 大垣市代表 西濃運輸 一回戦突破

7月19日(水)に東京ドームで行われた第88回都市対抗野球大会で4年連続36回出場の大垣市代表・西濃運輸は茨城県鹿嶋市代表・新日鐵住金鹿島を6-5で下し、二回戦に進出を決めました。 試合結果詳細→西濃運輸野球部HP毎日新聞 写真特集日本野球連盟試合詳報

一回にいきなり5点

初回にいきなり5点

地元大垣からも約800人の大応援団がバスを連ねて駆けつけ3階席まで埋まる中、西濃運輸は一回裏に主将・伊藤選手のスリーランホームランも含め5得点、4回にも追加点を挙げて6-0とし、応援する本会会員約10名にも余裕の雰囲気が流れました。

三塁側ダックアウト上の応援ステージには、もはや都市対抗野球の風物詩となった感のある、おがっきいとおあむちゃん(LINEスタンプになりました)と松尾芭蕉に扮した小川敏市長や西濃運輸のカンガルー君、日本リーグ参戦5年目を迎えた大垣ミナモソフトボールクラブ、更に今年はユネスコ無形文化遺産に登録された「大垣祭の軕行事(リンク先で動画が見られます)」の紹介、と盛りだくさんな内容となりました。

恒例カンガルー君

西濃運輸と言えばカンガルー君。大垣ミナモソフトボールクラブの選手と共に

しかし、そんな雰囲気もつかの間。5回に本塁打も含め4点を返され、好投していた新人・堀田投手が打ち崩されます。続く6回にも追加点を許し、一点差に迫られ会員の表情からも余裕の色が消えました。

西濃運輸応援団席から

西濃運輸応援団席。大垣から駆けつけた方々はこの周辺で観戦。

しかしその後は二年目・嶽野投手が後続を押さえ、新日鐵住金の反撃を抑えて見事に6ー5で二回戦に進出しました。試合後のチームの勝利報告でスリーランを放ちながら誰よりも深く最敬礼している主将・伊藤選手の姿が、厳しかった試合を象徴していました。

三塁側応援団席に一礼する西濃運輸チーム

三塁側の西濃運輸応援団席に一礼する西濃運輸チーム。前に出て最敬礼しているのは本塁打を放った主将・伊藤 匠選手

両チームがグラウンドを引き上げた後は、都市対抗野球ならではの、両チームの応援団と観客が一体となったエール交換。新日鐵住金鹿島応援団と鹿嶋市の方々の『フレー、フレーおおがき』、西濃運輸応援団と大垣市の方々の『フレー、フレーかしま』が東京ドームに交互に響き渡り、3時間近い試合に幕が下りました。

西濃運輸の二回戦は7月21日(金)午後6時からの第三試合で東京都代表・東京ガスと対戦します。西濃運輸と東京ガスとは、西濃運輸が初優勝した2014年の第85回大会の準々決勝で対戦、この時は西濃運輸が7-1で勝っています。

西濃会では21日も応援席を用意して観戦する予定ですので、ご一緒頂ける方は会の方までご一報願います。