第88回都市対抗野球大会準々決勝 大垣市代表 西濃運輸 惜敗

7月23日(日)午後2時50分、東京ドームで行われた第88回都市対抗野球大会 準々決勝第二試合で4年連続36回出場の大垣市代表・西濃運輸はさいたま市代表・日本通運に2-0で惜しくも敗れました。 試合の詳細はこちらのリンク先をご参照下さい→西濃運輸野球部HP毎日新聞 写真特集日本野球連盟試合詳報

準々決勝も試合風景中心にお伝えします。

先発は今大会初登板の山下大輝投手。6回まで本塁打による1失点の好投を見せました。

山下大輝投手

東京ドームには今日も小川敏大垣市長が、いつもの芭蕉翁姿で登場、今日は「水の都おおがき親善大使」の村田純佳さんや岐阜県のマスコット・ミナモちゃんも一緒でした。

今日はふたたび小川敏大垣市長が登場
今日の一句
岐阜県のマスコット・ミナモちゃんも登場

日本通運の先制ソロホームランの一点を追う西濃運輸は5回1死後、8番・東名、代打・黒水の連打を1番中村が絶妙なセーフティバントで一死満塁の絶好のチャンスとします。

5回表 一番中村優太のバントは内野安打となり 一死満塁
5回表 一死満塁のチャンス

しかし次打者が併殺に倒れ惜しくもチャンスを逃します。

西濃運輸は6回から一回戦で好投した嶽野投手が継投、息詰まる投手戦が続きます。

嶽野雄貴投手の力投

しかし8回裏、嶽野投手も連打を浴び、試合は2-0となります。

最終回、谷選手のヒットも得点につながらず試合終了。

試合終了、両チーム一礼

そして最後は恒例の両チーム応援席一体となったエール交換で西濃運輸 野球部の今年の夏は締めくくられました。

西濃運輸の健闘を称える日本通運
最敬礼してエールを受ける1
最敬礼してエールを受ける2
雪辱を誓う西濃運輸 神谷正博社長

今年も東京ドームいっぱいに『お・お・が・き』を響き渡らせて下さった西濃運輸野球部・応援部をはじめとする西濃運輸の皆さん、はるばる大垣から駆けつけて下さった大垣市の皆さん、そして東京ドーム3塁側で西濃運輸に声援を送ってくださった皆さんに改めて感謝の言葉を申し上げたいと思います。